一度治療した歯はむし歯になりやすい

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月31日(水)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、一度むし歯を治療した歯が再びむし歯になってしまった経験がある方はそれなりにいらっしゃると思います。

せっかく治療した歯なのにまたむし歯になってしまうなんてと、悲しい思いをされるかとは思いますが、実は一度治療した歯は普通の歯よりもむし歯になりやすい環境にあるのです。

治療をして穴を詰め治したようなところは、外見上や舌ざわりなどでは一切わからなくても、顕微鏡レベルで見るとどうしても小さな隙間や段差が存在してしまいます。

むし歯の細菌はそのような隙間には楽々と入り込めるくらい小さいですので、隙間に入り込んでまたむし歯になりやすくなってしまうのです。

目に見えるほどの隙間は当然論外ですが、完全に隙間をなくすというのは残念ながら現在では無理でしょう。

では、どのようにすれば治療したところが再びむし歯になることを防ぐことができるのでしょうか。

 

それは、やはりきちんとした口腔ケアを行うことです。

お口全体を清潔な状態に保っておけば、治療後でもできてしまう目に見えないレベルの隙間は決して危険なものではありません。

不潔な状態が続いたときによりリスクが高い場所になってしまうということなのです。

治療した場所は適切なブラッシングはもちろん、フロスや歯間ブラシなどの補助器具も用いて、丁寧にきれいにすることを心掛けましょう。

それでもむし歯になってしまったときは、、早めに歯医者さんで治療を受けることをお勧めしますよ。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

外れた詰め物をそのままにしていると

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月30日(火)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、前回はむし歯が進行してきている歯は悪臭を放つ原因となるというお話をしました。

今日は詰め物や被せ物が取れてしまった歯の状態についてお話をしたいと思います。

 

歯科で被せたりくっつけたものは、当然取れにくいように強いセメントでつけたり、取れにくい形や処理を様々施しているものですが、残念ながら永遠に取れないということはありえません。

何かの拍子に外れてしまったり、隙間ができたり、浮き上がってしまったりすることはあります。

大抵の方はそのような状態に気が付くと、すぐに歯科医院に治療に行かれると思いますが、いろいろと忙しくて歯科医院に行けなかったり、それほど気にならないからあとで歯医者さんに診てもらおうと思いつつ、そのような状態にも慣れてしまってつい忘れてしまった、という方もたまにいらっしゃいます。

このような状態ですと、やはり外れた場所や少し段差ができたところは細菌が発生しやすくなり、徐々にむし歯が進行しやすくなてしまいます。

一番悪いケースは、外れているのに中途半端にくっついていたり、ちょっとだけ浮き上がってかすかな隙間ができていたり、外れたものを押し込んでそのまま使っていたりする場合です。

このような場所はあまり空気が触れない隙間が存在することになりますが、この様な隙間こそ、最もむし歯が発生しやすい場所になります。

むし歯の細菌は嫌気性菌(けんきせいきん)と呼ばれ、空気がない場所で活発に活動する細菌なのです。

このような状態になると、気が付いた時には歯には大きな穴が開いていたり、しみる感じや痛みが出てきて、治療するときには神経を取らないといけなくなってしまったりします。

また、空いた穴からは悪臭がするようになります。

歯の詰め物や被せ物が外れていたり、浮き上がっていたり、段差や隙間に気づいたときには、すぐに歯医者さんに相談することをお勧めしますよ。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

むし歯を放置するとおこる口臭について

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月29日(月)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、むし歯になったという自覚がある場合、皆さんはどのようにされるでしょうか?

むし歯で歯がしみたり、物が詰まったり、明らかに歯が欠けていたり、穴が開いているのが見えたりなど、ふとむし歯に気が付くことがあると思います。

このようなむし歯、たいして痛いわけではないからといって放置しておくとどうなってしまうのでしょうか。

今日はむし歯を治療しないで放置した場合についてお話をしたいと思います。

 

むし歯も程度によりますが、表面が変色しているだけで引っ掛かりすらないような虫歯の場合には、きちんと歯みがきなどをして気を付けておくことで、特別進行することもなく経過を見ることもできます。しかし少し穴があいてくると放置しておくわけにはいかなくなります。

きちんと治療する場合には、むし歯を削ってプラスチックで埋めたり、歯型を取って金属やセラミックを詰めるといった治療を行いますが、むし歯の進行度がかなり深いところまで進んでいると、歯の神経まで取り除かないといけなくなる場合もあります。

また、むし歯によって歯に穴が開いている状態ですと、その穴で細菌が繁殖したり、穴に詰まった食物が腐敗するなどして、口臭の原因となってしまうこともあります。

このような状態になると、歯磨きをしてもなかなか口臭がなおりません。

きちんとむし歯の部分を取り除き、きれいに埋めなおさなければ、口臭が続いてしまいます。

 

 

次回もむし歯の進行と口臭についてのお話をしたいと思います。

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

加湿器を買いました

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月26日(金)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

ここ最近はまた寒い日が続きますね。

先日からお話している通り、インフルエンザも猛威を振るっていて、乾燥が気になるところです。

そこで、院内に大きな加湿器を買いましたよ。

大きな給水タンクが2つもついていて、30畳を加湿できるハイパワーの加湿器です。

スタッフからの評判も好調で、院内が潤ったとみんな喜んでいます。

皆さんにもより快適に診療を受けていただけると思います。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

家族間のインフルエンザ感染を防ぐために

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月25日(木)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

 

さて、今日も家族間でのインフルエンザ感染を防ぐための方法についてお話をしたいと思います。

インフルエンザウイルスは咳やくしゃみ、鼻水などの飛沫に含まれて感染したり、そのようなウイルスが付着した場所を触った手で口や目などの粘膜を触ってしまうことで感染します。

できるだけそのような機会を減らすために、インフルエンザにかかっている人を看病する部屋は別部屋としましょう。

特に子供はいろんなところを触ってしまうので、行動に注意しましょう。

部屋を分けるのが無理なときは、看病するとき以外は極力接するのを控え、患者を寝かせている部屋の換気は毎日数回はするようにしましょう。

できれば、空気清浄機や加湿器を設置しましょう。

インフルエンザウイルスは乾燥していると繁殖しやすくなります。

室内の湿度は50~60%を保つようにしましょう。

また、看病する人は複数ではなく、一人だけでやる方がいいでしょう。

看病する人はマスクをつけて、看病をした後は必ず石鹸と流水で手を洗うようにしましょう。

また、不必要にいろんなところを触らないようにしましょう。

患者が使ったタオルも家族間で共有しないようにし、家族がよく触れるような場所、たとえばドアノブや電気のスイッチ、家具の取っ手、蛇口などは時々アルコールや塩素系消毒液でふいて、ウイルスの付着を防ぐようにしましょう。

 

 

このようなことを気を付けることで、少しでも家族内の感染を防ぐことができます。

家族みんながインフルエンザにかかってしまうといった最悪の事態を避けるために、気を付けてください。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

インフルエンザの看病の仕方

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月24日(水)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、今日はインフルエンザに感染した家族がいた場合、どのような看病をした方がいいのかをお話したいと思います。

 

インフルエンザは最近はタミフルやイナビルといった薬を服用することで、かなり症状が軽くなるようになりました。

ですが、熱が下がったり、体が楽になったからといって、勝手に薬を飲むのをやめたりしてはいけません。

処方された薬はきちんと最後まで飲み切るようにしてあげてください。

そして、きちんと安静にしてしっかりと睡眠時間をとれるようにしてあげましょう。

熱が出ると体から汗が出ます。

十分な発汗を促すためにも、水分をきちんと取らせてあげてください。

スポーツドリンクや経口補水液などの、水分が吸収されやすい飲み物もおすすめです。

飲みやすくするためにも、ストローを用意して、寝ながらでも飲めるようにしてあげると良いでしょう。

また、食事については定番にはなりますが、おかゆや雑炊、うどんといった、柔らかくて消化しやすいものが良いでしょう。

 

明日もインフルエンザの看病をするにあたって気を付けてほしいことについてお話をしたいと思います。

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

インフルエンザの感染について

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月23日(火)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、インフルエンザが猛威を振るっているようですね。

周りの方やご家族がインフルエンザにかかってしまったという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

インフルエンザは感染性が強いので、ご家族で感染者が出てしまうと、次々と家族内で感染が広まる可能性があります。

今日はインフルエンザの感染についてお話をしたいと思います。

 

インフルエンザはどのようにして感染するのかというと、インフルエンザ患者の咳やくしゃみ、鼻水といった飛沫にウイルスが入っていて、それがまた別の人の粘膜に付着してしまうと感染してしまいます。

直接飛沫を吸い込むだけでなく、ウイルスが付着した手で触れたものも汚染された状態になっていて、そこをまた第三者が触ってしまい、感染が広がると言われています。

そして、その感染力はインフルエンザが発症してから1週間ほど続きます。

熱が下がったり体調がある程度回復したとしても、感染力はまだありますので、外出したりせずに、きちんと安静にしていることが大切です。

学校でも子供がインフルエンザに感染した場合、発症後の5日を経過、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまでは登校してはいけないとされています。

この期間はインフルエンザが感染する危険性があるからなのです。
明日は家庭内で気を付けることについてお話をしたいと思います。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

ニンニク等のにおいへの対策

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月22日(月)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、今日は口よりも奥の部分に効果を期待する口臭対策についてお話をしたいと思います。

先日お話したように、ニンニク等を食したりすると、肺で血液からガス交換が行われます。

この時に強いにおいが息に付着してしまいます。

このような体内から発生するにおいには、サプリメントや口臭予防のカプセル、ガムなどを噛むのが効果的です。

息に清涼性のある香りを付けることで、比較的長時間臭いにおいをマスキングすることができます。

また、ニンニクのにおいには、固形のリンゴを噛んで食べると、においを和らげることができると言われています。

ただし、リンゴジュースを飲むだけでは効果はありません。

 

 

いかがだったでしょうか?

口臭が気になる方は、今回の内容を参考にしてくださいね。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

歯磨き等の口臭対策

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月19日(金)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

 

さて、昨日は口臭に対する応急処置のお話をしました。

今日はもう少し根本的に口臭への対策についてお話をしたいと思います。

 

お口の中状態が原因に対する口臭対策は、やはりお口の歯磨きです。

歯磨きを気を付けることで、むし歯に対する対策だけでなく、口臭予防もできます。

そのためには、やはり隅々まできれいに磨くことです。

歯の隙間や根元の歯垢をきれいに取り除くと、歯茎も引き締まって、歯茎周囲の炎症もなくなります。

単純に食べかすが歯に詰まってにおいがするだけではなく、歯茎に炎症があると歯周病独特の悪臭が起こってきます。

また、舌の上を磨くのも効果的です。

できれば舌クリーナーなどの専用器具を使って舌の表面の舌苔をきれいに落としてあげましょう。

決して力を入れて磨いてはいけません。

舌の粘膜を傷つけ酸くなってしまいます。

舌苔は体調が悪いとすぐに増殖しますので、舌苔がたくさんつくときは体調の改善も必要ですが、毎日表面をきれいにしてあげることでかなり講習を減らすことができます。

 

次回はお口よりも奥の口臭への対策をお話したいと思います。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。http://www.eternal-dc.com/wp/wp-admin/post-new.php#

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

口臭に対する応急処置

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月18日(木)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、先日から口臭について原因についていろいろとお話してきました。

今日は口臭を消す方法についてお話をしたいと思います。

口臭を消すためにはもちろん根本的な原因に対処する必要がありますが、とりあえず応急的にすぐ口臭を消したいというケースについてお話します。

 

・お水を飲んでみましょう

口の中が乾燥した状態ですと、口臭は強くなります。

まずはお口にお水を含んで、ゆっくりと飲むことで、お口の中を潤しましょう。

どのような原因の場合でも、口臭を少し弱めることができます。

 

・歯を磨きましょう

これも当たり前のことですが、清涼性の高い歯磨き粉を使って歯みがきをしてみましょう。

口腔内をきれいにすることで、口臭はかなり減らすことができます。

 

・マウスウォッシュを使いましょう

清涼性の高いマウスウォッシュを使うことで、口臭を消すことができます。

さっと口に含んで口の中でよくなじませましょう。

 

・ガムを噛んでみましょう

唾液が分泌されることで口臭を減らすことができます。

ほとんどのガムにはミント系の成分も入っていますので、お口の中もすっきりしますよ。

 

 

次回はもう少し根本的な口臭対策についてお話をしたいと思います。

 

 

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

診療内容

ホワイトニング

ホワイトニング

白く美しい歯は輝く笑顔を作ります。あなたも歯のホワイトニングで「新しい笑顔」を手に入れてみませんか?イターナル歯科クリニックでは、日本人のために日本人によって考え出された「FAPホワイトニング」を行っています。FAPホワイトニングは色の後戻りがないだけではなく、歯の質も強化できる画期的な方法です。その原理、方法、実際の写真などについてご覧ください。

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは歯や歯ぐきの色や形、歯並びや口元の表情などの美しさの獲得・維持を目的として行われる歯科治療のことです。顔の形も含めた美しい口元づくりを目指し、全体の美的調和を図っていきます。歯のホワイトニング、オールセラミック、ガムピーリング、インプラント、歯周病治療等を組み合わせ、総合的に治療していきます。

セレック

セレック

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)を作るシステムの一つです。短時間でオールセラミックの修復物が出来上がるというだけではなく、歯科技工士の人件費等もかからないため、従来ではありえなかったような低料金にてオールセラミックの被せ物や詰め物をご提供させていただくことができます。低価格で安全なメタルフリーの治療を考えられている方は、ご参照ください。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった所、歯のない所に人工的な歯の根っこを埋め、その上に人工の歯を作る治療方法です。他の治療法と違い、周りの歯への影響が最も少ない方法です。歯を失ってお困りの方、ブリッジ・入れ歯が合わない方はご覧ください。

歯周病

歯周病

歯の表面にくっついた汚れを歯垢(プラーク)と言います。この歯垢(プラーク)の1mgの中には10億個の細菌がいると言われています。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯ぐきに炎症が引き起こされ、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯周病の原因と予防、その治療法について説明します。

予防歯科

予防歯科

予防歯科では、虫歯や歯周病になる前に、歯とお口の健康を積極的に守ります。1年に1回、虫歯で痛い思いをしながら治療するより、数か月に一度、検診とPMTC(専門の機械や器具を使った歯のクリーニング)で、痛い思いをすることなく、キレイな歯を保てれば素敵ですよね。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、単に虫歯の治療だけではなく、お子様の成長発育に合わせたお口の健康を、トータルでケアします。イターナル歯科クリニックでは、歯磨き指導や定期検査などを継続的に行い、健全なお口の環境を育成します。
虫歯の発生機序とその予防法、歯並びや咬み合わせを治療する咬合誘導等について説明します。

アソアライナー

アソアライナー

アソアライナーとは透明で薄く、審美的に優れたマウスピース型の矯正装置を使った方法です。見た目もつけ心地もわずらわしい針金のような装置を使った矯正と異なり、見えない透明なマウスピースをつけるだけで歯並びを美しく変えられます。
矯正を考えているけれど、見た目や違和感が気になるという方にお勧めの方法です。

トップ
トップ