頬粘膜がんについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月20日(水)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。
さて、今日も口腔がんについてお話をしたいと思います。

今日は頬の内側にできる、頬粘膜がんについてお話をします。
頬粘膜がんは頬粘膜の中でも奥側の部分、特に臼歯部の周りの粘膜部分にできやすいと言われています。
最初のうちは口内炎のような小さな潰瘍ができたり、赤くはれたような炎症が起こったりしますが、痛みなどもなく徐々に大きくなってきます。
大きくなってくると、表面が白くぼつぼつしたものができてきたりもします。

できる原因としては入れ歯や被せ物が合わなくて常に粘膜が刺激されていたり、むし歯でとがった歯の縁が常に頬の内側に引っかかっていたり、飲酒や喫煙の量が多かったりすると発生しやすくなるようです。
頬粘膜がんは進行してしまうとリンパ節へと転移しやすくなります。
早期発見による治療が必要です。

次回も口腔がんについてお話をします。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

口腔底がんについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月19日(火)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。
さて、今日も口腔がんについてお話をしたいと思います。

今日は舌の下側にできる、口腔底がんついてお話をしたいと思います。

口腔底がんは舌の下にあるため、見つけにくいがんです。

比較的前方に発生しやすいと言われています。

男女比では女性のほうが発生率が高いと言われています。

最初は小さな口内炎のようなものですが、だんだんと大きくなり、白い模様ができたり、赤く充血したようになったりします。

口腔底がんは喫煙や飲酒によってできやすいと言われています。

違和感が出てくるまで見つけにくいため、治療が遅れてしまうケースが少なくありません。

舌の下側に違和感を感じたり、少ししこりのある炎症や潰瘍を見つけたら、早めに歯医者さんに相談するようにしましょう。

 

次回も口腔がんについてお話をします。

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

歯肉がんについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月18日(月)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、今日は2番目に発生頻度が高いと言われている、歯肉がんについてお話をしたいと思います。

歯肉がんは歯茎にできる腫瘍ですが、上顎にできることは珍しく、ほとんどの場合は下顎にできます。
最初のうちはちょっと歯茎が腫れているといった感じですが、痛みも何も感じません。
普通の歯茎の腫れと違うのは押してみるとしこりのように固い感じがするのと、徐々に大きくなる一方で、その他の炎症のように腫れたり治ったりを繰り返すことはありません。
また、進行するにつれて表面に潰瘍ができてきたり、出血してきたりすることがあります。
できる場所としては奥歯のほうにできることが多いようです。

歯肉がんは進行してくると歯茎を通り越して骨の内側や神経系にまで達します。
徐々に顎が動かしにくくなったり、飲み込みにくくなったり、唇付近にマヒが起こってきたりします。
歯茎に異常を感じたら早めに歯医者さんに相談するようにしましょう。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

舌がんについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月16日(土)の診療時間はAM9:00~PM7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、先日から口腔がんについてお話をしています。
今日は口腔がんのそれぞれの分類について、もう少し詳しい症状を説明していきたいと思います。
まずは、最も発生頻度の高い舌がんの説明をします。

舌がんは舌の先端から2/3までの範囲にできるがんを言います。
外見は口内炎に近いものから広範囲にわたってびらん上の炎症がおこるもの、硬いしこりのような隆起ができるものなどがあります。

徐々に大きくなったり、広がってきたり、盛り上がりが強くなってきたりしますが、最初は口内炎と勘違いして見過ごしがちになります。
舌がんができる原因としては機械的な刺激が多いと言われています。
むし歯で歯が欠けてとがった先端が常に舌にあたっているとか、詰め物や被せ物がきちんとあっていなくて、縁が常に舌に擦れているとか、入れ歯があっていなくて舌にあたってしまうなど、慢性的な刺激があると舌がんの発生率は高くなってしまいます。
症状としては、進行するにつれて舌が動かしにくくなるため、発音障害や嚥下障害などが起こってきます。
対処法としては、早期発見、早期治療が最も望ましいです。

次回も口腔がんについて詳しいお話をしていきます。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

口腔がんの種類について

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月15日(金)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、先日から口腔がんについてお話をしています。
今日は口腔がんの種類についてもう少し詳しいお話をしたいと思います。

口腔がんはお口の中にできるがんの総称で、できる場所によって名前が変わります。
口腔がんを分類してみると、舌がん、歯肉がん、口唇がん、頬粘膜がん、口腔底がん、口蓋がんがあります。
この中でも一番発生頻度が高いのが舌がんです。
その次は歯肉がんが発生頻度が高いと言われています。
口腔がんができる原因としては様々なことが言われていますが、粘膜に対して継続的な慢性な刺激、例えばむし歯ができていて常に舌の縁がすれているとか、入れ歯の縁が気がギザしていて、常に歯茎に口内炎ができているなどがあると要注意です。
また、お口の中があまり清掃されずに不衛生な状態が続いたり、喫煙や飲酒を頻繁にやっていてもがんになりやすくなってしまいます。

それでは、口腔がんになるとどのような症状があるのでしょう。
主な症状は口腔内に痛みや腫れ、出血、口臭、潰瘍ができるといったことが起こります。
しかし、これがそんなに目立った症状ではないため、普通にむし歯や口内炎、歯周病だと思い込んで大した処置もせずに放置してしまい、口腔がんが進行してしまうというケースが多いようです。
歯茎にしこりができたり、腫れたりした場合、なかなか治りが悪ければ口腔がんの可能性があると考えたほうがいいでしょう。

次回は口腔がんについてもう少し詳しく症状を説明したいと思います。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

口腔がんの危険性

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月14日(木)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、先日は口腔がんについてお話をしました。

今日も口腔がんにつていもう少し詳しいお話としたいと思います。

口腔がんは仮に罹患してしまったのしても、5年生存率は60~80%とほかの癌と比較しても高く、初期の段階で発見、治療がなされると通常通りの生活を送ることができます。

しかし、口腔がんの発見が遅れてしまうと、手術の際に舌や顎まで切り落とす必要があり、普通に会話をしたり食事をとるのが困難になってしまったり、外見も大きく損なうこととなってしまいます。

口腔がんはほとんどの先進国で早期発見、治療は積極的に行われているため、がんになる率は高くても死亡率は徐々に減っていると言われています。

しかし、日本では死亡率も増加する一方です。

その原因は日本での口腔がんがあまり認知されていないことにあります。

口腔がんの一番の対策は早期発見、早期治療です。

口腔がんができたとしても、ほとんどの場合は最初は症状がないために見過ごされてしまいがちです。

私たちがより口腔がんに対する知識を深め、早期に対応しなければいけません。

 

次回は口腔がんの種類等についてお話をしたいと思います。

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

口腔がんについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月14日(火)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、皆さん口腔内のがんについて心配になったことはありませんか?

口腔がんは早期に発見、対処すれば比較的処置がしやすく、その後の生存率も高いにもかかわらず、発見が遅れて手遅れになりやすい癌だと言われています。

このような状況を改善するために、先日から口腔がん撲滅委員会という組織による、日本全国にわたって歯科医師に口腔がんの認知、早期発見、対応を推進するためのシンポジウムが行われています。

私も1月に行われる福岡大会に参加する予定です。

アメリカをはじめとした先進諸国では、口腔がんの早期発見・早期治療が積極的に行われているため、がんになる確率は高くても、死亡率は減少傾向にあります。

しかし、日本では死亡率、がんになる確率ともに増加する一方だそうです。

このような状況を少しでも改善する必要があります。

皆さんにも口腔がんについて、少し知識を持っていただければ、このような状況を改善できるかもしれません。

次回から、口腔がんについて少しお話をしていきたいと思います。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

クリスマスパーティー

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月11日(月)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、先日イターナル歯科クリニックのスタッフでクリスマスパーティーをしましたよ。

毎年恒例なのですが、今年はみんなの希望もあって、うな丼パーティーとなりました。

みんなにうな丼を注文しておいしくいただきましたよ。

ちょっとクリスマスとは雰囲気が違いますが、とても楽しく食べることができました。

 

また、今回は余興としてプロビ大会もやりました。

プロビとは、プロビジョナルレストレーションの略で、簡単に言えばプラスチックで作った仮の歯のことです。

歯科治療の際に歯を削って噛めなかったり、見た目が悪くならないように仮の歯を作ることがあるのですが、プロビジョナルレストレーションは単純に一時的な仮の歯ではなく、見た目、機能性、色調など、最終的な歯はどのような形が最も適しているのか、実際に使ってもらいながら形を決定していくうえで作る、技術的にもきちんとしたものが必要なものなのです。

衛生士とドクターに同じ模型を配って、みんなで同じプロビを作ってみて、だれが一番正確なプロビを作ることができるのかのコンテストを行いましたよ。

審査員も技工士さんにお願いし、細部まできちんと確認してもらいました。

そのうえで優勝者を決定しましたよ。

みんな真剣に作ったものだけあって、力作ぞろいで、技工士さんも審査に悩まれたようですが、とても楽しく、勉強になるイベントとなりました。

また、ビンゴ大会もやりましたよ。

今年も私がたくさんの豪華賞品を用意しましたので、ビンゴで数字が出ていくごとに、みんな一喜一憂しながら数字がそろうのを願っていましたよ。

さらに、ビンゴで当選しなかった人には、残念賞でスクラッチを一枚ずつ配ったのですが、その中からなんと4等賞の3000円と、5等賞の1000円が当たった人が出ましたよ。

思いがけないサプライズに、全員がびっくりしました。

今年もとても楽しいクリスマスパーティーとなりましたよ。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

フックの目立たない入れ歯

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月9日(土)の診療時間はAM9:00~PM7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、先日から入れ歯についていろいろとお話をしてきました。
部分入れ歯と呼ばれるものは金属のフックを使って歯に引っ掛けて固定をするため、そのフックが目立って気になる方がいらっしゃいます。
今日はそのようなフックが目立たない入れ歯についていくつかご説明をしたいと思います。

保険で作れる入れ歯では残念ながら金属のフックを使わざるを得ません。
ちなみに、全く歯がない人が使う総入れ歯はそもそもフックをひっかける歯がないため、そもそも目立ちません。
部分入れ歯で金属のフックを目立たないようにするためには、自費で入れ歯を作る必要があります。
自費の入れ歯でも目立たなくする方法はいくつかあります。
金属の代わりに入れ歯のプラスチック自体が若干弾力のあるプラスチックになっていて、ピンク色の歯茎の部分で支えとなる歯を歯茎ごと挟み込んで固定する、ノンクラスプデンチャーと呼ばれるものがあります。

また、引っ掛ける歯の部分を被せ物にしてしまい、入れ歯と被せ物を合体させて固定をする、コーヌスデンチャーと呼ばれるものもあります。

これらの入れ歯を使うと、フックを目立たない状態にできます。

このような入れ歯も方法として向いている人とあまり向いていない人がいますので、自費の入れ歯を作る際はよく歯医者さんと相談して検討してくださいね。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

入れ歯を入れないときに起こるトラブル

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日12月8日(金)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、昨日は入れ歯を使うメリットについてお話をしました。

しかし、入れ歯のメリットはさておき、やはり入れ歯を付けるなんて抵抗があって付けられないとか、入れ歯を入れるのが面倒で一度作ったけど使わずにそのままにしている方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、入れ歯を入れずに放置しているとトラブルが起こるのです。

今日は入れ歯を入れないで放置しているとどのような問題が起こるのかについてお話をしたいと思います。

 

入れ歯を入れていないと、当然歯がないところは噛みづらいため、反対側の歯でお食事をされると思います。

すると結果として片方の歯でばかり噛むようになり、噛み合わせや顎に負担がかかって顎関節症などが起こりやすくなります。

また、奥歯がない時などは前歯で噛むようになり、前歯がだんだんと押し広げられて出っ歯のようになってしまいます。

また、入れ歯を入れていないところは、噛み合わせの反対側の歯がだんだんと伸びて浮き上がってきます。

歯は常にかみ合っていないと噛むところを探して動いてくる性質があるためです。

このため、放置の時間が長いほど歯が伸びてきてしまい、最終的には後で入れ歯やインプラントを入れるスペースがなくなってしまったり、噛み合わせの反対側の歯が歯茎にかみこんできて痛みを覚えたり口内炎ができやすくなったりしてしまいます。

このように、歯が抜けたところを放置しておくのはトラブルにつながってしまうのです。

 

入れ歯が使いづらいようですと、歯医者さんに調節してもらうことである程度改善することが見込まれます。

また、外見が気になるようでしたら、自費にはなりますが目立ちにくい入れ歯もあります。

次回はこのような目立ちにくい入れ歯についてお話をしたいと思います。

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

3 / 2012345...1020...最後 »

診療内容

ホワイトニング

ホワイトニング

白く美しい歯は輝く笑顔を作ります。あなたも歯のホワイトニングで「新しい笑顔」を手に入れてみませんか?イターナル歯科クリニックでは、日本人のために日本人によって考え出された「FAPホワイトニング」を行っています。FAPホワイトニングは色の後戻りがないだけではなく、歯の質も強化できる画期的な方法です。その原理、方法、実際の写真などについてご覧ください。

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは歯や歯ぐきの色や形、歯並びや口元の表情などの美しさの獲得・維持を目的として行われる歯科治療のことです。顔の形も含めた美しい口元づくりを目指し、全体の美的調和を図っていきます。歯のホワイトニング、オールセラミック、ガムピーリング、インプラント、歯周病治療等を組み合わせ、総合的に治療していきます。

セレック

セレック

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)を作るシステムの一つです。短時間でオールセラミックの修復物が出来上がるというだけではなく、歯科技工士の人件費等もかからないため、従来ではありえなかったような低料金にてオールセラミックの被せ物や詰め物をご提供させていただくことができます。低価格で安全なメタルフリーの治療を考えられている方は、ご参照ください。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった所、歯のない所に人工的な歯の根っこを埋め、その上に人工の歯を作る治療方法です。他の治療法と違い、周りの歯への影響が最も少ない方法です。歯を失ってお困りの方、ブリッジ・入れ歯が合わない方はご覧ください。

歯周病

歯周病

歯の表面にくっついた汚れを歯垢(プラーク)と言います。この歯垢(プラーク)の1mgの中には10億個の細菌がいると言われています。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯ぐきに炎症が引き起こされ、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯周病の原因と予防、その治療法について説明します。

予防歯科

予防歯科

予防歯科では、虫歯や歯周病になる前に、歯とお口の健康を積極的に守ります。1年に1回、虫歯で痛い思いをしながら治療するより、数か月に一度、検診とPMTC(専門の機械や器具を使った歯のクリーニング)で、痛い思いをすることなく、キレイな歯を保てれば素敵ですよね。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、単に虫歯の治療だけではなく、お子様の成長発育に合わせたお口の健康を、トータルでケアします。イターナル歯科クリニックでは、歯磨き指導や定期検査などを継続的に行い、健全なお口の環境を育成します。
虫歯の発生機序とその予防法、歯並びや咬み合わせを治療する咬合誘導等について説明します。

アソアライナー

アソアライナー

アソアライナーとは透明で薄く、審美的に優れたマウスピース型の矯正装置を使った方法です。見た目もつけ心地もわずらわしい針金のような装置を使った矯正と異なり、見えない透明なマウスピースをつけるだけで歯並びを美しく変えられます。
矯正を考えているけれど、見た目や違和感が気になるという方にお勧めの方法です。

トップ
トップ