歯の根元が黒く見える?

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日11月2日(木)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、下の写真のように、前歯に被せ物の歯を作っていて、歯と歯茎の隙間に黒いラインが見えて気になっている方はいらっしゃいませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような黒い線はブラックマージンと呼ばれるものです。

大抵はかぶせ物を作ったすぐは大丈夫でも、かぶせ物を作っ数年が経つとこのような隙間が見えてきて目立ってしまうことがあります。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、最初はかぶせ物と歯茎のラインがぴったりと合っていたとしても、時間とともに歯茎が下がってしまい、ラインがずれてしまうことがあったり、被せ物に金属が使われていると金属のラインが黒く見えてしまったり、被せ物の根元が虫歯になってしまったりということが原因となります。

それでは、どうすればこのようなことは防げるのでしょうか?

 

次回はこのようなブラックマージンの予防法についてお話をしたいと思います。

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

ランチ会

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日11月1日(水)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

今日から11月ですね。

まだまだ寒暖差は感じますが、徐々に寒い日が増えてきている気がしますね。

 

さて、イターナル歯科クリニックではスタッフ間の交流を深めるために、ランチ会という制度をとっています。

お昼休みに医院からランチ代を渡して1日に1組ずつ交代で外食に出てもらい、楽しくランチを取ってきてもらうというものです。

とても好評なシステムで、みんな次はどこに食べに行くのかを相談しながら、自分たちの順番が回ってくるのを楽しみにしています。

昨日は私が出かける順番でしたので、スタッフの一人と一緒にランチに行ってきましたよ。

近所に最近できたドリア屋さんで、このランチ会であるスタッフがとてもおいしかったよと評判していたところに行ってきました。

店内はインスタ映えするようなかわいらしい感じになっていて、人気らしくとても混んでいましたよ。

私はシーフードドリアを注文しました。

チーズもたっぷりかかっていて、ボリューム満点でとてもおいしかったですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして昨日はハロウィンだったということもあり、おまけでハロウィン仕様のクッキーもくれましたよ。

とてもよかったので、また行ってみたいと思います。

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

今日がハロウィン

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月31日(火)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、今日はハロウィンですね。

ここ最近はハロウィンのイベントとしての人気具合がクリスマスに負けないくらい盛り上がってる感じがしますよね。

イターナル歯科クリニックでも今年はミニオンをテーマに院内の飾りつけしていましたが、それも今年は今日までです。

私としてもこだわって飾りつけをしましたので、今日で飾りつけを取り外さないといけないのは少し寂しい感じがします。

今日来院予定のある方は、ぜひ待合室をよく見て、ハロウィンの雰囲気を楽しんでいただければ嬉しいです。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

ハロウィン結婚式

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月30日(月)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、昨日は歯科医師会の知り合いの結婚式に参加してきました。

歯科医師会関係ということで、歯医者さんの知り合いがたくさん参加している結婚式でした。

ハロウィンが近いということもあり、披露宴会場やケーキのデコレーションなどもハロウィン仕様となっていて、かわいらしい結婚式でしたよ。

ウエディングケーキ入刀の後、恒例のイベント、新郎新婦によるファーストバイトですが、新郎が歯科医師ということで、新郎がケーキを食べさせられるときには、スプーンの代わりに歯型を取るためのトレーを使うという演出になっていて、おもしろかったですよ。

結婚式はみんながとても幸せそうですので、いつも温かい気持ちになります。

今回もとても素敵な結婚式でしたよ。

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

痛みが出る前の兆候

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月28日(土)の診療時間はAM9:00~PM7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、前回は歯の痛みが出るメカニズムについてお話をしました。

痛みがでてからの治療では、手遅れなことが多いのです。

できれば痛みが出る前に治療を済ませておくに越したことはありません。

それでは、どのようにすれば痛みが出る前に異常のある部位に気づくことができるのでしょうか?

今日は異常がある場合に事前に気づくためのポイントについてお話したいと思います。
痛みが出る前に感じられる症状は次のようなものがあります。

■違和感

いつもと違う、何等かの違和感があるということは、やはり問題があるということです。

歯にひびが入っている、徐々にむし歯が進行してきている、被せ物や詰め物が外れかかっている、歯茎が炎症を起こし始めているなど、様々なことがちょっとした違和感から徐々に症状がひどくなっていきます。

何かいつもと違う感じが続くようでしたら、歯医者さんに相談するようにしましょう。
■しみる

歯がしみるというときは、単純に知覚過敏によって歯がしみているだけの時もありますが、むし歯やほかの重大の原因の可能性も当然あります。

しみの程度が強かったり、しみる感じが長引くとき、徐々にしみの程度が強くなってくるときなどは、早めに歯医者さんに相談しましょう。
■噛むとおかしい

以前は普通に噛めていたものが、急に噛みづらくなったときなどは、何らかの問題が起こっていることがあります。

歯槽膿漏が進行していたり、被せ物が外れかかっていたり、歯が欠けてしまっていたりなどです。

■歯ぐきの腫れ

歯茎の腫れも様々なトラブルから引き起こされます。

歯槽膿漏以外にも歯が欠けて物が詰まりやすくなっていたり、歯茎に傷がついていたり、噛み合わせが強すぎたり、歯の根っこに炎症を持っていたりなどです。

歯茎の腫れに気が付いたら、やはり歯医者さんに相談しましょう。

 

 

上記のような症状があった場合には早めに歯医者さんに相談しましょう。

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

歯の痛みとは?

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月27日(金)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、ズキズキと歯が痛んで困った経験がある方はいらっしゃいませんか?

歯の痛みはかなり不快で一度気になりだすとなかなか収まらず、つらい思いをされた方もいらっしゃると思います。

今日はそのような歯の痛みとはどういう仕組みで起こってくるのかについてお話をしたいと思います。

 

歯の神経には痛覚しかありません。

ですので、どのような刺激だったとしても、ある程度の刺激までは全く何も感じることはなく、閾値(いきち)と呼ばれるある一定のレベルを超えると痛みを感じます。

例えばですが、歯を削るときに麻酔なしで削ったとして、最初は何も感じることはありません。

ですが、削っているうちに急にズキッとした痛みを感じるようになります。

これが閾値を超えた状態です。

しかも、一度刺激の大きさが閾値を超えると、閾値のレベルが下がり、痛みが出やすい状態になってしまいます。

ですので、ちょっとした刺激でも痛みを感じやすくなってしまうのです。

逆に、痛みを抑えた状態が続くと閾値は元に戻ります。

ですので、痛み止めなどを飲むことで痛みを一度落ち着けてしまうと、痛くない状態が持続しやすくなります。

歯が痛い時はあまり我慢しないで、痛み止めを飲んだ方がいいのはこのためです。

つまり、痛みがある状態はすでにかなり良くない状態であるサインとなります。

このように、歯が痛くなってしまう前に歯医者さんで治療をしてもらうのがベストです。

 

次回は痛みが出る前に治療を受けるために、歯に治療が必要な兆候についてお話をしたいと思います。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

むし歯ワクチンが開発された?

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月26日(木)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、むし歯が細菌感染症であるということは今ではご存知の方も多いと思います。

そのようなむし歯に対して、ワクチンが開発されたという話題を耳にしました。

 

中国でむし歯の治療と予防に有効な融合タンパク質が特定されたのだそうです。

まだラットを使った実験上での話のようですが、将来的には人にも活用されるようになるのだゾウです。

 

むし歯をあらかじめ予防できるワクチンができるだなんて、本当に夢のような話ですね。

早く実用されるようになってほしいと思います。

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

歯肉退縮を防ぐ歯ブラシの選び方

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月25日(水)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、今日は歯肉退縮を防ぐために、どのような歯ブラシを使って歯みがきをすればいいのかについてお話をしたいと思います。

歯ブラシにも歯茎を傷めやすいもの、傷めにくいものがありますので、適切なものを選ぶようにしましょう。

 

●柄の部分が長めのもの
歯ブラシは短いものを使うと、毛先近くを握ってしまうため、磨く力が強くなりがちです。

柄の部分が長いもので、毛先より遠めの部分を持って歯みがきをすることで、余計な力がかかりにくくなって、歯茎を傷めにくくなります。

歯ブラシとしては長いもののほうがいいでしょう。

●ブラシの毛先密度が高いもの
同じ歯ブラシでも毛先密度が高いと、力が分散されるために余計な圧力がかかりにくくなります。
●歯ブラシの頭の形がまるめのもの

歯みがきをしているときに歯ブラシの頭を歯茎にぶつけてしまうとかなり歯茎を傷めてしまいます。

少しでも衝撃を軽減するために、歯ブラシの頭はまるめのものがいいでしょう。

また、毛先が細いものや毛先が柔らかい歯ブラシも使うときには注意が必要です。

毛先が細かったり、柔らかいと歯茎への刺激は弱くなりますが、その代わりに汚れを落とす力も落ちてしまいます。

だからといって力をかけて磨いてしまうとかえって歯茎を傷めてしまいます。

毛先が細いものや、柔らかいものを使う場合も軽く歯ブラシの毛先を歯の根元に当てて、小刻みに小さなストロークでブラシを動かし、長めに歯を磨くことで汚れを落としていきましょう。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

歯肉退縮が起こる原因

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月24日(火)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

 

さて、今日は前回説明した歯肉退縮を予防する方法について説明したいと思います。

歯肉退縮にはいくつか原因が考えられます。

最も大きな原因には、噛み合わせがあります。

噛んで歯をぎりぎりするような癖がある人は、その噛み合わせの力がちょうど歯の付け根のところに集中して、その力に負けて歯茎が下がってしまいます。

また、歯周病が原因で全体的に歯茎が下がってくることがあります。

これらのことについては、歯医者さんに相談して適切な治療をしてもらう必要があります。

 

また、歯磨きの仕方が不適切で歯茎を傷めてしまい、歯肉退縮を起こしてしまうことがあります。

歯ブラシを強く歯茎に当てて歯磨きをするような癖があると、歯茎を傷めやすくなってしまいます。

その結果、徐々に歯肉退縮を起こし、歯茎が下がってしまいます。

硬さや毛先の形など、適切なものを使って、正しい歯みがきを行うことでそのような歯肉退縮を予防することができます。

 

次回歯肉退縮く予防うするため歯ブラシの選び方についてお話をしたいと思います。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

歯肉退縮とは

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月23日(月)の診療時間はAM10:00~PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約、はご随時変化来院希望しますのでの際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、鏡を見ていて、なんだか最近歯が長くなってきたような気がする方はいらっしゃいませんか?

それは歯茎が下がってしまっているのかもしれません。

このような状態を、歯科では「歯肉退縮」と呼びます。

歯肉退縮が起こってしまうと、見た目上かっこ悪いという以外にも、様々な問題が起こります。

歯の根元が露出することによってしみやすくなってしまったり、歯の根元が削れてきたり、根元の部分は柔らかいためにむし歯になりやすくなってしまったりします。

しかも、このような歯肉退縮は一度なってしまうと、まず元のように戻ってくれることはありません。

そうならないように日頃から気をつけておく必要があります。

それでは、どうすれば歯肉退縮を防げるのでしょうか。

次回は歯肉退縮の予防法についてお話をしたいと思います。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

2 / 1612345...10...最後 »

診療内容

ホワイトニング

ホワイトニング

白く美しい歯は輝く笑顔を作ります。あなたも歯のホワイトニングで「新しい笑顔」を手に入れてみませんか?イターナル歯科クリニックでは、日本人のために日本人によって考え出された「FAPホワイトニング」を行っています。FAPホワイトニングは色の後戻りがないだけではなく、歯の質も強化できる画期的な方法です。その原理、方法、実際の写真などについてご覧ください。

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは歯や歯ぐきの色や形、歯並びや口元の表情などの美しさの獲得・維持を目的として行われる歯科治療のことです。顔の形も含めた美しい口元づくりを目指し、全体の美的調和を図っていきます。歯のホワイトニング、オールセラミック、ガムピーリング、インプラント、歯周病治療等を組み合わせ、総合的に治療していきます。

セレック

セレック

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)を作るシステムの一つです。短時間でオールセラミックの修復物が出来上がるというだけではなく、歯科技工士の人件費等もかからないため、従来ではありえなかったような低料金にてオールセラミックの被せ物や詰め物をご提供させていただくことができます。低価格で安全なメタルフリーの治療を考えられている方は、ご参照ください。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった所、歯のない所に人工的な歯の根っこを埋め、その上に人工の歯を作る治療方法です。他の治療法と違い、周りの歯への影響が最も少ない方法です。歯を失ってお困りの方、ブリッジ・入れ歯が合わない方はご覧ください。

歯周病

歯周病

歯の表面にくっついた汚れを歯垢(プラーク)と言います。この歯垢(プラーク)の1mgの中には10億個の細菌がいると言われています。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯ぐきに炎症が引き起こされ、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯周病の原因と予防、その治療法について説明します。

予防歯科

予防歯科

予防歯科では、虫歯や歯周病になる前に、歯とお口の健康を積極的に守ります。1年に1回、虫歯で痛い思いをしながら治療するより、数か月に一度、検診とPMTC(専門の機械や器具を使った歯のクリーニング)で、痛い思いをすることなく、キレイな歯を保てれば素敵ですよね。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、単に虫歯の治療だけではなく、お子様の成長発育に合わせたお口の健康を、トータルでケアします。イターナル歯科クリニックでは、歯磨き指導や定期検査などを継続的に行い、健全なお口の環境を育成します。
虫歯の発生機序とその予防法、歯並びや咬み合わせを治療する咬合誘導等について説明します。

アソアライナー

アソアライナー

アソアライナーとは透明で薄く、審美的に優れたマウスピース型の矯正装置を使った方法です。見た目もつけ心地もわずらわしい針金のような装置を使った矯正と異なり、見えない透明なマウスピースをつけるだけで歯並びを美しく変えられます。
矯正を考えているけれど、見た目や違和感が気になるという方にお勧めの方法です。

トップ
トップ