歯科治療後に頬を噛みやすくなるケース

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月27日(火)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、先日から頬を噛みやすくなる原因についてお話をしています。

今日は歯科治療後に頬を噛みやすくなるケースについてお話をしたいと思います。

歯科治療後で最も頬を噛みやすくなるのは、奥歯に新しい被せ物をしたり、ブリッジを入れたり、入れ歯を入れたり、むし歯の治療のために一時的に歯を大きく削ったりと、奥歯の形が急激に著しく変化したときです。
このようなときは頬の感覚が急激な歯の形の変化に対応できずに、頬を噛みやすくなってしまいます。
ある程度は慣れることで落ち着いてくるのですが、何度も頬を噛んでしまうような場合は、歯医者さんに少し調整をしてもらうことをお勧めします。
また、歯科治療で麻酔を使った際にも頬の感覚がわからなくなり、頬を噛みやすくなってしまいます。
麻酔が切れるまで治療後の2~3時間は頬を噛まないように気を付けて、食事も麻酔が切れてからとるようにすることをお勧めしますよ。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

頬を噛みやすくなる原因

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月24日(土)の診療時間はAM9:00~7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、前回は頬を噛んでしまう、咬傷についてお話をしました。
今日は咬傷を起こしやすい原因についてお話をしたいと思います。

頬や舌を噛んでしまうのには、以下のようなことが原因として考えられます。

・奥歯に親知らずが生えてきた
・少し太ってしまって、頬の厚みが増えた
・歯ぎしりをすることが多い
・老化によって口の感覚が鈍ってきた
・冷たいものを食べて口の感覚が麻痺している

親知らずが生えてくると、頬にかなり近いところに歯が生えている場合が多いため、頬や粘膜を噛んでしまう可能性が高くなります。
また、体重増加に伴い、粘膜が厚くなってくると、どうしても粘膜が歯に押し付けられやすくなるために、頬を噛んでしまう頻度が高くなります。
歯ぎしりも徐々に歯の縁がすり減ってしまい、歯と歯の咬んだ時の隙間がなくぴったりとしてくるため、徐々に頬を噛む原因となってしまいます。

また、歯科治療を受けた後に頬を噛みやすくなることもあります。
次回は歯科治療後の頬を噛みやすくなる原因についてお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

頬粘膜の咬傷

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月23日(金)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、食事中などに頬を噛んでしまって痛い思いをされたことは、皆さん少しは経験あるのではないでしょうか?
このようにしてできた傷を咬傷(こうしょう)といいます。
頬粘膜の咬傷を起こすと、その程度にもよりますが、血豆ができてしまったり、粘膜がはがれて血が出てきたりします。
そうすると、その周りに細菌感染を起こして大きな口内炎ができてしまったり、傷の周りが腫れて益々頬を噛みやすくなったりしてしまいます。
食事中に痛くてつらい思いをすることになります。

それでは、どのようなときに頬を噛みやすくなってしまうのでしょうか?
やはり咬みやすくなるのには原因があります。
次回は頬を噛みやすくなる原因についてお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

桜が咲き始めています

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月22日(木)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

今週はまた寒くなってしまいましたね。
寒の戻りといった感じで、せっかく暖かくなってきたのに、また冬のような寒さになりました。
それも今日くらいまでで、また徐々に暖かくなってくるようです。
そして、先日からの暖かさもあってか、ちらほらと桜も咲き始めているのを見かけます。
来週末くらいは、きっと桜が見ごろになるのではないかと思います。
早く暖かくなって、お花見を楽しみたいと思っています。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

保険改正説明会

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月20日(火)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、3月も後半に入ってきました。
4月になると、今年は保険改正があります。
医療保険制度の見直しがあり、わずかではありますが保険診療の金額が変わったり、保険でできることやできないことのシステムが変わります。
その厚労省による説明会が本日行われます。
今年の改正でまた皆さんにより良い診療を提供できるように、様々な改善がなされていることを期待したいです。

どのような改善が行われたか、また後日報告しますね。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

乳歯から永久歯に生え変わるときの反対咬合について

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月19日(月)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、今日も乳歯から永久歯への生え変わりについてお話をしたいと思います。

噛み合わせの関係で特に目立ちやすいものに、反対咬合というものがあります。
一般的には受け口とも呼ばれますが、通常なら上顎の歯が下顎の歯にかぶさるような状態が正常なのに対して、下顎の歯が上顎の歯にかぶさるような噛み合わせのことです。

下顎が出て見えるために気になられる親御さんが多いようです。

しかし、乳歯が生え始めの頃は前歯しか生えていないため、こどもも前歯で噛もうとするために、どうしても下顎が出たような噛み合わせとなります。
そして奥歯は生えてくると徐々に通常の噛み合わせに代わっていくものです。
ですが、中には奥歯は生えてきても下顎が前に出たままの状態のことがあります。
仮に乳歯の時に反対咬合であったとしても、永久歯に生え変わるときに正常咬合に戻ることもあるのですが、このようなケースはまれだと言われています。
乳歯の段階で反対咬合ですと、永久歯になっても反対咬合が続く場合がほとんどです。

これを改善しようと思うとやはり矯正を考えなければいけません。
しかし、反対咬合は単純に歯並びだけではなく、顎の成長も大きくかかわっているため、矯正をして一時的に正常な噛み合わせになっても成長に合わせてまた反対咬合に戻ってしまうこともあります。
ですので、どの段階でどのように手を付けたほうがいいかはきちんと歯医者さんに診断してもらう必要があります。

次回も永久歯が生えてきたときの歯並びについてお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

乳歯から永久歯への生え変わりについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月16日(金)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、今日も乳歯から永久歯への生え変わりについてお話をしたいと思います。

乳歯が抜けてきて永久歯に生え変わり始めると、永久歯の歯並びについて気になり始めるかもしれません。
永久歯が何の問題もないくらいきれいに生えてくるのはどちらかというと珍しいほうです。
大抵は少しは歯並びがずれていたり、隙間が空いていたりする場合がほとんどです。
特にちょっと歯が生え始めたくらいの頃は乳歯のサイズに比べて永久歯が大きいため、幅が足りずに歯並びがずれて見えることがあります。
しかし、その後顎の大きさも成長していきますので、ちょっと永久歯が入り切れなそうだからと言って、過大に心配する必要はありません。
少なくとも、前歯4本が入れ替わるくらいまでは様子を見ていいでしょう。
前歯4本が生え変わるまでは、多少の歯並びのずれくらいは、顎の大きさの成長や舌による圧力によって、自然と正常な位置に動いてくれる可能性があります。
前歯4本が生え変わってもあきらかに歯並びがずれているようですと、その後も自然ときれいな歯並びに戻る可能性は低いため、きれいな歯並びにしたいのであれば歯医者さんに相談することをお勧めします。

次回も永久歯が生えてきたときの歯並びについてお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

乳歯がなかなか抜けないとき

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月15日(木)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、今日は乳歯がなかなか抜けないときについてのお話をしたいと思います。
乳歯がぐらぐらになってきたとき、自分で抜けるようでしたら抜いてもらって構いません。
少し自分でさわっていれば、徐々にぐらぐらが強くなりますので、そのままとってもらうこともできます。
しかし、痛くてなかなか触れなかったり、食事中に痛くて咬みづらかったりすると、自分で無理に抜くのは大変ですので、歯科医院で抜いてもらった方が楽です。
特に、前歯は根っこが1本だけですので、ぐらぐらになりやすく抜きやすいのですが、奥歯は根っこが3本あるため、うまくすべての根っこが溶けてくれずになかなか抜けにくい場合があります。
根っこが十分溶けていないと自分で抜くのはかなり無理があります。
特に根っこがあまり溶けていないときには、乳歯が抜ける前に永久歯がすでに少しずれて生えてきてしまうことがあります。
このようなときには、ほおっておくと永久歯の歯並びが悪くなってしまったり、乳歯とかぶって永久歯が生えている時間が長いと永久歯が虫歯になりやすくなったりしますので、速やかに歯医者さんで抜いてもらった方がいいでしょう。

次回も永久歯への生え変わりについとお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

永久歯がなかなか生えてこないとき

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月14日(水)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、今日も乳歯の生え変わりについてお話をしたいと思います。
乳歯が抜けてもなかなか歯が生えてこない、またはいつまでたっても乳歯が抜けないということで、心配になって相談に見える方がたまにいらっしゃいます。
乳歯が自然に抜けたのであれば、ほとんど間違いなく下には永久歯が控えています。
ですので、極端な心配はいりません。
しかし、稀にもともと永久歯の数が足りなくて、生え変わりの歯がないことや、隣の永久歯が大きすぎるために、先に2本分の乳歯が抜けてしまうこともあります。
また、永久歯がずれた位置から生えてきて、ほかの永久歯や乳歯の根っこと引っかかってなかなか出てこれない状態になっていたり、極端に変な場所から生えてくることもあります。
乳歯の生え変わりについて心配なことがありましたら、歯医者さんでレントゲンを撮ってもらって確認してみるのがいいでしょう。
レントゲンを撮ることで、骨の中の永久歯の状態をある程度把握することができます。
これによって、下の永久歯の状態を知り、今後の予定を考えることができます。

次回も永久歯への生え変わりについとお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

乳歯から永久歯への生え変わりについて

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月13日(火)の診療時間はAM10:00~8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は随時変化しますので、ご来院の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、乳歯から永久歯への生え変わりについて、心配に感じている方はいらっしゃいませんか?
かつては自分も通った道ですが、お子さんの歯がなかなか生え変わらなかったり、変なところから生えてきたりすると心配になるものです。
今日は乳歯が生え変わるときの基礎知識についてお話をしたいと思います。

そもそも、乳歯はいつごろから永久歯に生え変わっていくのでしょうか?

最初は6歳前後になります。
6歳前後で乳歯の一番奥歯である歯のさらに奥に第一大臼歯と呼ばれる永久歯が生え始めます。
このころとほぼ同時期に上下の前歯がぐらぐらしだして、永久歯へと生え変わり始めます。

その後はおおよそ前歯から順番に歯が生え変わっていき、最後に一番奥歯のさらに一本ずつ永久歯が生えていきます。
最後の歯が生え終わるのは、12歳ごろから15歳くらいまでです。

次回も永久歯への生え変わりについとお話をしたいと思います。

スタッフブログはこちらになっています。

http://www.eternal-dc.com/wp/staffblog/

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/

診療内容

ホワイトニング

ホワイトニング

白く美しい歯は輝く笑顔を作ります。あなたも歯のホワイトニングで「新しい笑顔」を手に入れてみませんか?イターナル歯科クリニックでは、日本人のために日本人によって考え出された「FAPホワイトニング」を行っています。FAPホワイトニングは色の後戻りがないだけではなく、歯の質も強化できる画期的な方法です。その原理、方法、実際の写真などについてご覧ください。

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは歯や歯ぐきの色や形、歯並びや口元の表情などの美しさの獲得・維持を目的として行われる歯科治療のことです。顔の形も含めた美しい口元づくりを目指し、全体の美的調和を図っていきます。歯のホワイトニング、オールセラミック、ガムピーリング、インプラント、歯周病治療等を組み合わせ、総合的に治療していきます。

セレック

セレック

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)を作るシステムの一つです。短時間でオールセラミックの修復物が出来上がるというだけではなく、歯科技工士の人件費等もかからないため、従来ではありえなかったような低料金にてオールセラミックの被せ物や詰め物をご提供させていただくことができます。低価格で安全なメタルフリーの治療を考えられている方は、ご参照ください。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった所、歯のない所に人工的な歯の根っこを埋め、その上に人工の歯を作る治療方法です。他の治療法と違い、周りの歯への影響が最も少ない方法です。歯を失ってお困りの方、ブリッジ・入れ歯が合わない方はご覧ください。

歯周病

歯周病

歯の表面にくっついた汚れを歯垢(プラーク)と言います。この歯垢(プラーク)の1mgの中には10億個の細菌がいると言われています。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯ぐきに炎症が引き起こされ、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯周病の原因と予防、その治療法について説明します。

予防歯科

予防歯科

予防歯科では、虫歯や歯周病になる前に、歯とお口の健康を積極的に守ります。1年に1回、虫歯で痛い思いをしながら治療するより、数か月に一度、検診とPMTC(専門の機械や器具を使った歯のクリーニング)で、痛い思いをすることなく、キレイな歯を保てれば素敵ですよね。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、単に虫歯の治療だけではなく、お子様の成長発育に合わせたお口の健康を、トータルでケアします。イターナル歯科クリニックでは、歯磨き指導や定期検査などを継続的に行い、健全なお口の環境を育成します。
虫歯の発生機序とその予防法、歯並びや咬み合わせを治療する咬合誘導等について説明します。

アソアライナー

アソアライナー

アソアライナーとは透明で薄く、審美的に優れたマウスピース型の矯正装置を使った方法です。見た目もつけ心地もわずらわしい針金のような装置を使った矯正と異なり、見えない透明なマウスピースをつけるだけで歯並びを美しく変えられます。
矯正を考えているけれど、見た目や違和感が気になるという方にお勧めの方法です。

トップ
トップ