海水浴

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月23日(月)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

 

さて、私は週末に家族と長崎まで海水浴に行ってきましたよ。

最近はとても暑い日が続きますので、海水浴はとても気持ちよかったですよ。

 

伊王島というところにある、「コルタ デル ソル」という海水浴場があり、ここが最近のお気に入りです。

水もとてもきれいですし、なんといってもお気に入りのポイントは、すぐ近くに温泉施設があり、海水浴の直後に温泉に入ってすっきりして帰ることができるのです。

 

浮き輪に乗って水面に浮かんでいると、涼しくて気持ちよくて、何とも言えない快適さでしたよ。

 

今年も夏の海をしっかり堪能できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

歯医者さんでのしみることへの対策

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月20日(金)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

さて、今日は歯医者さんで行うしみることへの対策についてお話をしたいと思います。

しみるのを止めるためには、しみの程度によって段階があります。

 

軽度の場合には、しみるのを止める塗り薬があります。

しみる部分に刷り込むことで、しみる感じを軽減してくれますので、まずはこういったものを試す場合が多いでしょう。

しかし、このような方法ではしみる感じが落ち着かない場合には、しみやすい部分に保険のプラスチックを貼り付ける方法があります。

歯の付け根の部分、歯と歯茎の境目の部分がしみるケースがほとんどですので、ここにプラスチックを貼り付けて、外側からの刺激をカットします。

こうすることで、しみる感じをかなり軽減することができます。

 

しみる感じがあまりにも強すぎて、日常生活もままならないような状態の場合には、最後の手段として歯の神経をとってしまうという方法があります。

こうすることで、しみる感じは完全に止めることができます。

しかし、神経をとってしまうとその歯には栄養が回らなくなり、歯自体としては弱ってしまいますので、本当の最終手段となります。

 

このように、しみる感じを止める方法はいくつかあります。

冷たいものや歯磨きなどでしみてお困りの方は、まずは一度歯医者さんに相談してみることをお勧めしますよ。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

自分でできるしみることへの対策

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月19日(木)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

さて、先日知覚過敏に関するお話をしていました。

今日は知覚過敏への対策についてお話をしたいと思います。

 

歯科医院で行う対策と、自分でできることと二通りがありますが、まずは自分でできる対策からお話しましょう。

一つには知覚過敏抑制作用がある歯磨き粉を使った歯を磨くという方法があります。

このような歯磨き粉には硝酸カリウムという成分が入っています。

そもそも、何で歯がしみるのかというと、歯の中心をとおる神経から、細かい神経の管のようなものが象牙質という部分に張り巡らされていています。

歯の根元のほうなどはそのような細かい管が歯の表面にむき出しになっている場合があり、そこからしみやすくなってしまうのです。

そこに、この硝酸カリウムという成分はこのような管を埋めてくれる作用があります。

そうすると、しみる刺激が伝わりにくくなるのです。

歯磨き粉をつけて、歯磨きの時にしみる部分にしっかりと刷り込むように歯磨きをすると効果的です。

 

また、歯茎に炎症があっても歯がしみるような感じがすることもあります。

適切な歯磨きをして歯を引き締めることで、しみる感じが落ち着くことがあります。

 

次回は歯医者さんで行うしみ止めの対策についてお話をしたいと思います。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

猛暑の中の講習会

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月17日(月)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

さて、週末は3連休でしたね。

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

私は週末は大阪で歯科の講習会を受講してきました。

最近は月に約1回のペースで大阪に講習会に行っています。

今回は歯の根の中の治療に関する講習会で、3回コースの最終回でした。

今回も大変ためになる講習会でしたよ。

 

それにしても、大阪は暑かったですよ。

佐賀も先週からはかなり厚かったのですが、さらに段違いに暑い感じでした。

外に出るだけでものすごい熱気で体力の消耗を感じました。

これ以上猛暑が続かなければいいのですが、これ以上に暑くなるようですと、本当に身の危険を感じますね。

皆さんも熱中症対策には気をつけてくださいね。

 

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

知覚過敏とは

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月12日(木)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

さて、先週の大雨から一転、とても暑くなりましたね。

一気に夏到来といった、外に出ると顔をしかめるような日差しと暑さを感じます。

このように暑い時は冷たいものを食べたくなると思いますが、そうすると歯がキーンとしみる感じがすることがあるかもしれません。

このように冷たいものがしみるのは、どうしてでしょうか。

 

可能性はいくつかあります。

いわゆる、知覚過敏という状態で、全く問題ないこともありますし、むし歯でしみていることもあります。

知覚過敏とは、むし歯ではないのですが、歯の神経が敏感になっていて、冷たい物や熱いもの、外側からの摩擦刺激によって歯に痛みを感じるような症状をいいます。

歯には痛みを感じる神経以外は通っていません。

ですので、冷たいもの、熱いものなどの刺激も痛みとして感じるのです。

しみる程度も極端に冷たいものを口に含んだ時のみ感じる程度でしたら、特別に気にすることはありませんが、刺激が強すぎて日常生活にも支障が出るようでしたら、何らかの対策を考える必要があります。

 

次回は知覚過敏への対策についてお話をしたいと思います。

 

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

入れ歯で頬を噛みやすい場合

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月11日(水)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

さて、昨日は頬を噛みやすい時の対処法についてお話をしました。

また、入れ歯を新しく作った時にも頬を噛みやすくなることはしばしばみられます。

今日は入れ歯を入れたことによって頬を噛みやすくなる場合の対処法についてお話をしたいと思います。

 

入れ歯はかなり急激に口腔内の環境が変化しますので、感覚についていけずに頬を噛みやすくなってしまうことがあります。

そのようなときは、やはり歯医者さんに入れ歯の調節をしてもらった方がいいでしょう。

咬みやすい部分を少し削って調整してもらうことで、あまり噛みにくくすることができます。

また、以前の入れ歯が噛みやすい状態であれば、新しく入れ歯を作るときに歯の並べる位置を調整することで頬を噛みにくくすることができます。

入れ歯の安定が悪く、外れやすかったり、入れ歯が動きやすいケースでも、きちんと入れ歯を動きにくくすることで噛みやすさを回避できることもあります。

 

また、最初のうちは新しい入れ歯になれなくて頬を噛みやすくても、少し時間がたって慣れてくると頬を噛みにくくなることもあります。

最初は少し様子を見るのも一つの方法ですが、噛みやすい状態が続くようですと、やはり歯医者さんに調節してもらった方がいいでしょう。

 

いかがでしょうか。

同じ場所を頻繁に噛んでしまう場合には、やはり歯医者さんに相談してみることをお勧めしますよ。

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

頬を噛みやすい時の対処法

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月10日(火)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

 

 

さて、先日から頬を噛みやすくなるケースについてお話をしてきました。

今日はそのようなときにどのような対処法を行うのかについてお話をしたいと思います。

 

頬を噛みやすくなる原因はいくつかお話をしてきましたが、歯科で新しく被せ物をした後に頬を噛みやすくなった場合については、まずは少し様子を見ましょう。

急に歯の形が変わったために口の中の感覚が十分に慣れていなくて、頬を噛みやすくなっている可能性があります。

そのような場合には、少し様子を見ているといつの間にか頬を噛まなくなっていることがあります。

しかし、いつまでも頬を噛んでし迷うのであれば、歯医者さんでほんの少し歯の形を調整してもらうことで、あまり頬を噛まないようにしてもらうことができます。

 

親知らずが原因のようなときには、親知らずを抜いてしまうか、少しだけ削ってもらうことで頬や歯茎を噛みにくくすることができます。

 

そのほか、歯がすり減ってとがっているようなときには、そこを少し丸めてもらうことで噛みにくくすることができます。

 

次回は入れ歯によって頬を噛みやすい時の対処法についてお話をしたいと思います。

 

 

 

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

徐々に頬を噛みやすくなるケース

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月9日(月)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

さて、先日から頬を噛みやすくなる原因についてお話をしてきました。

今日は徐々に頬を噛みやすくなるようなケースについてお話をしたいと思います。

お口の中の環境も、徐々に変化することで頬を噛みやすくなってしまいます。
例えば、奥歯に親知らずが生えてきたときです。

親知らずは一番奥に生えるため、きちんとした歯の並びに入りきれず、少しずれた位置に出ることもしばしばあります。

そうすると、頬や舌、歯茎などを噛みやすくなってしまうことがあります。

また、歯ぎしりの頻度が多い方などは、徐々に歯の表面がすり減ってきます。

すると、次第に歯の縁が切り立ってしまい、頬や舌を挟み込みやすくなってしまいます。

それだけではなく、徐々に噛み合わせの高さも低くなってしまい、頬にゆるみができてきて、頬を噛みやすくなってしまうこともあります。

また、体重増加も頬を噛みやすくなる原因となります。

頬粘膜も太ってしまうことによって厚みが増してしまうと、これまでとは頬の感覚が変わってしまったり、厚みのために歯に頬が押し付けられるようになってしまい、結果頬を噛みやすくなってしまいます。

それでは、これらについてどのように対処すればいいのでしょうか。

次回は頬を噛みやすくなった時の対処法についてお話をしたいと思います。

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

頬を噛みやすくなる原因

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月6日(金)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

さて、今日は急に頬を噛みやすくなった場合の原因について、考えられることをお話したいと思います。

たまに奥歯で頬をガリっと噛んでしまい、いたい思いをしたことがある方はいらっしゃると思いますが、急に頻繁に頬を噛むことが増えたりするのであれば、何らかの原因がある可能性が高くなります。

下記のようなケースでは、頬を噛みやすくなる可能性があります。

・奥歯の治療で奥歯に被せ物を被せた

・奥歯にブリッジを新しく作った

・今まで歯がなかったところに入れ歯やインプラントを入れた

・噛み合わせの調節をしてもらった

・親知らずが生えてきている

このような場合には、頬の近くの歯の状態が急激に変わってしまい、感覚が追い付かずに頬を噛みやすくなってしまいます。

対策としては、歯医者さんで調整してもらうことです。

また、治療に関することじゃなくても、徐々に頬を噛みやすくなってしまうことがあります。

次回はそのようなケースについてお話をしたいと思います。

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

頬粘膜の咬傷について

おはようございます、イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月5日(木)の診療時間はAM10:00~PM6:30となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約状況は常に変化しますので、ご来院の際はお電話の上でお越しになってください。

さて、頬の内側を噛んでしまって痛い思いをしたことはありませんか?

ふとしたことからガリっと噛んでしまい、思わず顔をしかめるような経験をされたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

このような傷を「頬粘膜の咬傷」と言います。

特に、奥歯で頬を噛んでしまうことが多いと思います。

一度頬を噛んでしまうと、神田傷の部分に口内炎や血豆ができてしまい、内側が腫れてしまって、さらに噛みやすくなってしまうという悪循環なことになってしまいます。

この様な頬の咬みやすさについては、個人差があり、歯の位置関係や頬粘膜の厚さ、噛み合わせの高さ、噛み癖などでも変わってきます。

しかし、急に頬を噛みやすくなった場合などは何等か噛みやすくなる原因があるはずです。

次回は頬を噛みやすくなる原因についてお話をしたいと思います。

イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。

スタッフブログ

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd/

イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。・
http://www.eternal-dc.com/
イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://implant-saga.net/

歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/

ホワイトニングの専門ページはこちらです
http://www.saga-whitening.com/

1 / 3212345...102030...最後 »

診療内容

ホワイトニング

ホワイトニング

白く美しい歯は輝く笑顔を作ります。あなたも歯のホワイトニングで「新しい笑顔」を手に入れてみませんか?イターナル歯科クリニックでは、日本人のために日本人によって考え出された「FAPホワイトニング」を行っています。FAPホワイトニングは色の後戻りがないだけではなく、歯の質も強化できる画期的な方法です。その原理、方法、実際の写真などについてご覧ください。

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは歯や歯ぐきの色や形、歯並びや口元の表情などの美しさの獲得・維持を目的として行われる歯科治療のことです。顔の形も含めた美しい口元づくりを目指し、全体の美的調和を図っていきます。歯のホワイトニング、オールセラミック、ガムピーリング、インプラント、歯周病治療等を組み合わせ、総合的に治療していきます。

セレック

セレック

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)を作るシステムの一つです。短時間でオールセラミックの修復物が出来上がるというだけではなく、歯科技工士の人件費等もかからないため、従来ではありえなかったような低料金にてオールセラミックの被せ物や詰め物をご提供させていただくことができます。低価格で安全なメタルフリーの治療を考えられている方は、ご参照ください。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった所、歯のない所に人工的な歯の根っこを埋め、その上に人工の歯を作る治療方法です。他の治療法と違い、周りの歯への影響が最も少ない方法です。歯を失ってお困りの方、ブリッジ・入れ歯が合わない方はご覧ください。

歯周病

歯周病

歯の表面にくっついた汚れを歯垢(プラーク)と言います。この歯垢(プラーク)の1mgの中には10億個の細菌がいると言われています。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯ぐきに炎症が引き起こされ、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯周病の原因と予防、その治療法について説明します。

予防歯科

予防歯科

予防歯科では、虫歯や歯周病になる前に、歯とお口の健康を積極的に守ります。1年に1回、虫歯で痛い思いをしながら治療するより、数か月に一度、検診とPMTC(専門の機械や器具を使った歯のクリーニング)で、痛い思いをすることなく、キレイな歯を保てれば素敵ですよね。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、単に虫歯の治療だけではなく、お子様の成長発育に合わせたお口の健康を、トータルでケアします。イターナル歯科クリニックでは、歯磨き指導や定期検査などを継続的に行い、健全なお口の環境を育成します。
虫歯の発生機序とその予防法、歯並びや咬み合わせを治療する咬合誘導等について説明します。

アソアライナー

アソアライナー

アソアライナーとは透明で薄く、審美的に優れたマウスピース型の矯正装置を使った方法です。見た目もつけ心地もわずらわしい針金のような装置を使った矯正と異なり、見えない透明なマウスピースをつけるだけで歯並びを美しく変えられます。
矯正を考えているけれど、見た目や違和感が気になるという方にお勧めの方法です。

トップ
トップ